Galois diary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オクトーバーフェスト2017 日比谷が6/2(金)から開催

どうも、ガロア零式です。

タイトルのままなんですが、Oktoberfest2017~SPRING~が6/2(金)から6/11(日)の期間日比谷公園で開催されるとの事。

www.oktober-fest.jp

普通のビールもいいけど、ドイツビールが集まるこの機会にドイツビールを満喫したい。

f:id:GaloisZerosiki:20170526031149p:plain
https://www.oktober-fest.jp/hibiya_spring/menu.html

前回来た時は前情報無しでログインしたので王道なヴァイツェンを飲み比べしてたが結構種類が多いらしい。

オクトーバーフェストで出されるドリンク
ヴァイツェン 50%以上の小麦麦芽を使用した、白く濁ったビール。フルーティーで個性的な香りが特徴。南ドイツでよく飲まれています
ドゥンケル 黒あるいは焦褐色のラガービール。口に含むとモルトの香りが強く、ホップの苦みと香りは控えめなビール
黒ビール こげ茶から黒のビール。焼いた麦芽の香ばしい風味があり、かすかな甘みがある
ラガー系 最も有名なタイプはピルスナー。ドイツではピルスと呼ばれることが多く、北ドイツでよく飲まれています。世界で最も飲まれているビール
ラオホ 燻製の香りが癖になる
ボック モルトの風味が極めて強く、アルコール度数が高い
ケルシュ ケルンで醸造され、ホップの味は強めだが、アルトビールと比べると苦味も刺激も少ない
ビアカクテル・フルーツ系 ビールをジュース等で割ったカクテル

割とどこでもレディースセットが用意してあったり、ビアカクテルも種類ところもあったりと女性やビール苦手な人も楽しめる感じ。

日比谷のオクトーバーフェスト開催が待ち遠しい

HUAWEI nova liteセットアップ

どうも、ガロア零式です。
前回に続きスマホ記事です。

galois-diary.hatenablog.com

起動までに

私はnova liteを購入する前はp8liteを使用していました。
その際SIMカードはMicroSIMを使用していましたが、今回はnanoSIMしか入らない。
そこで、SIMカッターでサイズダウンして現在使用しています。
私はSIMカッターをヨドバシカメラで購入してきましたが、Amazonでも取り扱っているのでAmazonから購入で宜しいかと。

保護フィルムは強化ガラス製の下記製品を購入。

この強化ガラス製の保護フィルムは横幅が少し短いです。
なぜかというと、nova liteの液晶が2.5D曲面加工がされているのでフィルムを貼れる横幅が短くなっているのが原因。

MicroSDカードは128Gを購入。

音楽を聴いたり、自炊した書籍やコンデジで撮影した画像をViewerで閲覧する事が多いので容量は多いものを選択。

起動後

システムアップデートを促されましたのでアップデート実施。
次に、開発者向けオプションをいじれるようにしました。 まぁデフォルトでも動作が速いのでお好みで。
詳しくは下記サイトにも御座います。

enjoypclife.net

f:id:GaloisZerosiki:20170523033152p:plain

本体-設定-端末情報を開きます。(開発者向けオプションは設定しないと表示されません)

f:id:GaloisZerosiki:20170523033200p:plain

ビルド番号を連打するとデベロッパー権限が付与されます。
その後、画面を一つ戻ると開発者向けオプションが解禁されています。

f:id:GaloisZerosiki:20170523034337p:plain

開発者向けオプションを有効にし、描画の項目を設定します。

設定するのは下記項目。

  • ウィンドウアニメスケール
  • トランジションアニメスケール
  • アニメーター再生時間スケール

ここの設定を1x→アニメーションオフにしました。
これで表示スピードが高速化します。

私はこの設定で十分満足していますが画像系の出力をより高速でしたい場合は下記項目ををONに設定してください。

この設定をONにすることでパフォーマンスが向上します。
ですが、若干バッテリー消費が上がる傾向にあるので好みで設定してください。

ホーム画面

Androidのホーム画面はデフォルトだと、インストールしたアプリのショートカットが増えてホーム画面がごちゃつきます。
イケてないですねぇ。。。
ですのでホームアプリをインストールして下記のホーム画面にしています。
f:id:GaloisZerosiki:20170523044108p:plain
よく使うアプリをホーム画面上に出力させて、それ以外は左下のアイコンを押下or右フリックで自動カテゴリ分けされたアプリにアクセスできます。
f:id:GaloisZerosiki:20170523050027p:plain

play.google.com

HUAWEI nova liteを購入しました

どうも、ガロア零式です。

今回はスマホ記事です。

2017年5月時点での価格.com1番人気機種であるHUAWEI nova lite。

この機種は当初MVNO(格安SIM)の会社でSIM契約との抱き合わせのみでしか販売されていなかったが、現在AmazonNTTコミュニケーションズから販売されています。
Amazonで購入する際もSIMカードセットにはなっていますが、SIM契約する必要はありません。

では、nova liteの紹介をします。

スペック

HUAWEI nova lite
本体サイズ 約147.2mm × 72.94mm × 7.6mm
重量 約147g
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド
OS Android 7.0 Nougat
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1,920×1,080)IPS液晶
CPU Huawei Kirin655 オクタコア(2.1GHz×4 + 1.7GHz×4)
RAM 3GB
ROM 16GB
外部ストレージ microSDスロット(最大128GB)
バッテリー容量 3,000mAh
メインカメラ 1,200万画素(F2.2/AF/BSI)
インカメラ 800万画素(F2.0/FF/BSI)
最大通信速度 下り(受信時)最大150Mbps(LTE
上り(送信時) 最大50Mbps(LTE
通信方式 FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi 802.11b/g/n準拠 (2.4GHz), Bluetooth® v4.1 with BLE
SIMスロット nanoSIM x 2
DSDS非対応

開封

f:id:GaloisZerosiki:20170519060328j:plain f:id:GaloisZerosiki:20170519060357j:plain f:id:GaloisZerosiki:20170519060454j:plain f:id:GaloisZerosiki:20170519061040j:plain HUAWEI p8liteを購入した際は初めから保護フィルムが貼られていたが、nova liteでは貼られていなかった。
SIMスロットはnanoSIMのみ。
Slot2(左側のトレイ)はnanoSIM or maicroSDカードが入る。

ベンチマーク

AnTuTuでベンチマーク実施。 f:id:GaloisZerosiki:20170519064819p:plain
約40000円のZenFone3のAnTuTuスコアが61000前後なのを考えると、約20000円で購入できるnova liteがコスパ優秀なのが分かる。
そりゃ価格.com1位に君臨しますわ。

メリット

  • スマホの稼働時間が長い
    バッテリーが3000mAhと昔と比べると高容量だが液晶がFullHDだと消費電力も増えて1日持てば良い方かと思っていたが1.8~1.5日程持っている。
    ※私はゲームをほとんどしないライトユーザーです。
  • 処理速度が速くなっている
    前まで使っていたp8liteでgoogleドライブ内のexeleファイルを閲覧する際に表示に少し時間がかかっていたが、nova liteで表示したところ即表示されるようになった。
    クラウドからアクセスしていたので通信速度の影響と思っていたが実は処理速度起因でした。
    またRAMが3Gとミドルスペックのスマホと同等なのもメリット。
  • WiFi受信機の性能が向上している
    p8liteやZenfone2laser、HTL J One等を自室で使用していた際に2.4GのWiFi通信が不安定でしたが、nova liteでは安定して通信している。
  • 利用ユーザー数が多い
    他のサイト等でもnova liteのレビュー記事はあるが、利用ユーザー数が多い点をメリットにするような記事は私のところくらいだろうなw
    まぁ理由としては下記サイトのようなまとめWikiが立ち上がるので、購入してからの情報収集が楽だという点。
    私も購入当初アプリ通知が来ない時に参照させていただきました。
    nova-lite-huawei-wiki.fxtec.info

また前にp8liteの画面を割った際に、p8liteも流通量が多い端末でしたのでリペアパーツの入手難易度が低く、リペア手順もネットで公開されていてトーシロの私でも簡単にリペア出来ました。
その経験を踏まえて、今スマホメーカーで勢いのあるHUAWEIの新型購入に至りました。
p8lite修理時は下記サイトを参照しました。
jp.ifixit.com

現在リペアパーツは本場中国の通販サイトでのみ確認済み。
因みにですが、日本では「nova lite」という名前ですが、中国では「p8lite 2017」という名前で流通してるのでp8lite2017で検索する必要あり。
液晶を購入する場合は「LCD」、カバーを購入する際は「case」を追記して検索。
カバーについては本場中国のが種類豊富でデザインも悪くない。
マーブルストーン(大理石柄)のケースが個人的に好きだが日本だと売ってないんだよなぁ。。。
f:id:GaloisZerosiki:20170521064720j:plain ja.aliexpress.com

aliexpressでの個人輸入のやりかたについて下記サイトで紹介されてます。
www.how-to-import.com

デメリット

  • 防水機能が無い ローディー的には需要ありそうな気もしたが自転車乗ってる時にスマホ操作しないのを考えたら私には不要だと判断した。
    自転車に乗ってる時は連絡や緊急時以外ジップロックで封印している。 普段の生活でも浸水するような状況にはならない。

  • WiFiの5Gを受信できない 受信できたらまぁ通信速度上がるから満足度あがるが、2.4Gの受信性能の向上のおかげで無くてもいいと思える。

  • ROMが16G 20000円前後のスマホだと16Gが普通だが、少ないといえば少ない。
    android端末の利点としてMicro-SDカードでストレージ容量を増やせるので増やして運用を推奨(最大128GB)。

また、SDカードを内部ストレージ化も可能。

nova-lite-huawei-wiki.fxtec.info

総評

2017年春のコスパ最強端末は万人におススメ出来る仕上がりです(デレステとかやるゲーマーは除く)。

スタバで限定レジャーシート入手&浅草散策

どうも、ガロア零式です。

気が向いたので5/11に浅草を散策してきました。

丁度、三社祭の季節でしたので提灯もそこかしこに御座います。

f:id:GaloisZerosiki:20170512070503j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170512070850j:plain

で、まぁ今回のスタバに来た理由はこれ

 

f:id:GaloisZerosiki:20170512071505p:plain

自転車乗って休憩したくなったらドヤ顔でシートを広げて休憩してやろうかと^^

入手方法は対象サンドイッチ+ドリンクでもらえます。

f:id:GaloisZerosiki:20170512072031j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170512072111j:plain

レジャーシートをGetしたので後はぶらりと風景を撮影してました。

f:id:GaloisZerosiki:20170512072353j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170512072612j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170512072719j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170512072929j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170512073713j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170513004538j:plain

たまには浅草散策もいいですね

f:id:GaloisZerosiki:20170513005932j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170513010031j:plain

明治13年から続く神谷バー

f:id:GaloisZerosiki:20170513010001j:plain

浅草駅

f:id:GaloisZerosiki:20170513010931j:plain

昼間はカフェ、夜はBARのKAPPABASHI COFFEE & BAR。

歩いて疲れたので、ウィスキーをロックで。

f:id:GaloisZerosiki:20170513012236j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170513011115j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170513011007j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170513011043j:plain

夜にコーヒーは提供してないかと思ったが提供していたのでコーヒーもいただきました。

店は洒落ているが居心地の良い空間でした。

本を読んだり、軽くPCで作業するのにも使えそう。

 

日本横断してきました!東京 葛西臨海公園~新潟 上越-渋峠経由ルート

どうも、ガロア零式です。

4/21頃にTwitter見てるとこのような書き込みがちょくちょくTLで流れてきた。

4/21(金)に志賀草津道路が開通したとの事。

 という事で東京-新潟の渋峠経由ルート!

 

22日は夜勤でしたので、夜勤明けの23日の夜に出発することに。

夜勤中にバベル盛りの情報をキャッチしてしまった笑

 ヒルクライム前に最後の晩餐してきました。

 

 今回はこのようなルートで行くことに。

走行後、整形したルートを引こうとしたら8000点を超えるルートを保存出来ませんとルートラボに怒られた為、暫定的に大雑把ルートを掲載しておきます。

 スタート地点に向かう前にスカイツリー前にて撮影。

f:id:GaloisZerosiki:20170428135411j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170428141702j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170428141714j:plain

今回のスタート地点である葛西臨海公園に向かって南下してる最中に撮影。

スタート地点に到着して、自転車を確認すると輪行袋が無い!

ドリンクホルダーに積載していたはずなのにっ!!

まさかのスタート地点にて開幕DNFやらかすの??

f:id:GaloisZerosiki:20170303135646g:plain

 

 

 

 

幸いなことに、スタートして荒川沿いを探しながら走ってるとありました!!

マジでなかったら日本横断が霧散してました。

 

気を取り直して、荒川を北上開始。

ホームコースの荒川CRは路面が良く、ノンストップで走れる箇所が多いので楽。

入間TT区間までそれなりに速く走れたので満足。

それ以降はR339を走り、川越辺りでR254を北上。

R254沿いを少し北上していくとマックがあるので朝食休憩。

f:id:GaloisZerosiki:20170428141724j:plain

因みに朝マックソーセージマフィン一択。

朝食の画像に写っているゴツいグローブはバイク用でございます。

今回の山岳コースのダウンヒル時、板金7万コースになった際でも多少ダメージが軽減されるかと思いアルパインスターズのレーシンググローブ装備してました。

※普段はこのグローブは装備していません^^;

 

今回のコースは高崎市までは平坦路で、その後じわじわと傾斜が出てきます。

今回一つ目の峠が須賀尾峠。

 

高崎市の標高が約90m。

須賀尾峠の標高が1038m。

 数字だけ見るとヤバそうに思うかもしれないが高崎市から48kmで薄めてるので激坂にアレルギーがある人でも大丈夫b。

車の交通量は少なめなのでストレスなく登れる。

f:id:GaloisZerosiki:20170507121909j:plain

須賀尾峠を越えると長野原草津口駅前に出る。

 

長野原草津口からR292の日本ロマンチック街道を北上。

輪行組はここがスタート地点と思われる。

長野原草津口の標高が590m。

草津温泉街の標高が1200m。

ここの区間は瞬間的に斜度10%越えはあるが長い距離ではないので問題なさげ。

車の交通量は少なめなのでストレスなく登れる。

f:id:GaloisZerosiki:20170428141803j:plain

日本ロマンチック街道を6割程走るとワインディング3.6kmが現れる。

ワインディングでたっぷりと森林浴を堪能した後に3.5km程走って1日目は終了。

流石温泉街だけあって宿が充実してる。

湯畑を囲んで宿や温泉、食事処が密集している。

明るい内に素泊まりで宿をとって夜に草津温泉を散策。

f:id:GaloisZerosiki:20170507132057j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507132126j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507132152j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507132218j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507132242j:plain

ライトアップされた湯畑が綺麗。

f:id:GaloisZerosiki:20170507134007j:plain

猫が湯畑を一望できる特等席でリラックスしていたので、私も特等席に行きたかったが断腸の思いで我慢しました^^;

f:id:GaloisZerosiki:20170507134718j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507134802j:plain

足湯ができる箇所も有り、草津はマジで極楽。

全てのローディーは渋峠地獄天国に召される前に草津の足湯に浸かりながら俳句を書くべき。

私も俳句を考えましたが頭の中がビールの三文字に浸食された為、夕食を求めてゾンビのように徘徊しました。

f:id:GaloisZerosiki:20170507140320j:plain

ただ、20時半頃になると店が結構しまっていて割と選択肢が無いので注意。

なんとか店にありついて天ぷら定食をオーダー。

f:id:GaloisZerosiki:20170507140509j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507141245j:plain

疲れてたのでこんな感じで食べてました。

f:id:GaloisZerosiki:20170507142150j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507142158j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507142208j:plain

※イメージ映像。

 

夕食終わって宿の日新館で一泊。

f:id:GaloisZerosiki:20170507142607j:plain

 宿の温泉は24時間開放されてるとの事なので長時間堪能しました。

 

2日目。

f:id:GaloisZerosiki:20170507143357j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507143501j:plain

温泉街にコンビニがあるので、そこでドリンクとゼリーを補給して、渋峠登頂開始。

ここからが本番。

草津温泉街の標高が1200m。

渋峠道中に日本国道最高地点があり、標高が2,172m。

日本国道最高地点を少し進むと渋峠ホテルがある。

ここの区間は斜度がきつくないが長距離ヒルクライムなので長期戦を覚悟しよう。

開通して間もない為か、車の交通量は多め。

登頂開始後すぐに雪が所々積もってる。

f:id:GaloisZerosiki:20170507144034j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507150724j:plain

自転車で森林限界突破したの初めてです。

道中立ち止まり禁止エリアは硫黄臭が強烈で、すぐに下山して草津温泉にダイブしたくなりますがなんとかヒルクライム

この辺りはヒルクライムしたりダウンヒルしてるローディーが多くて会釈やエールを皆さんにいただきました。

f:id:GaloisZerosiki:20170507150738j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507150710j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507150950j:plain

雪の回廊で老夫婦と世間話していて、日本国道最高地点でもお会いした際に写真撮影&お茶を戴きました!

優しい人達に恵まれた為、山岳区間は苦行にならずに済みました。

ただ、ガチ冬装備で登頂に挑まなかったため、体感的には下記画像の感じでした。

f:id:GaloisZerosiki:20170507151612j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507151555j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507151539j:plain

※イメージ映像。

日本国道最高地点を少し進むと渋峠ホテルがあります。

f:id:GaloisZerosiki:20170507154238j:plain

窓側の席で外を眺めながら昼食。

f:id:GaloisZerosiki:20170507154537j:plain

RVFとFZRも止まってました。

レーレプ良いなー。

f:id:GaloisZerosiki:20170507155730j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507155241j:plain

外にでるとインディーとマーカスが日向ぼっこなう。

たわむれたかったが汗だくだとかわいそうなので写真だけ撮ってダウンヒル開始。

f:id:GaloisZerosiki:20170507155854j:plain

流石に2000mまで登ったのでダウンヒルは長くて私も大満足。

ダウンヒルを堪能して少し走ると新潟の上越に着きました。

f:id:GaloisZerosiki:20170507161335j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507161413j:plain近くにJR直江津駅があるのでそこから輪行して上越妙高へ。

f:id:GaloisZerosiki:20170507161751j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507161849j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507161934j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170507162010j:plain

新幹線待ちの間、フードコートで海の幸を堪能。

上越妙高から新幹線で東京に帰還。

渋峠は魂が昇天しそうでしたが、それ以外は優しいコースでした。

折角渋峠を走るなら東京-新潟も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

春のユルポタ祭り-荒川CR編-

どうも、ガロア零式です。

最近桜の開花ラッシュが訪れたと思ったら週末土日がまさかの雨という展開。

まぁ雨の中の桜もそれはそれで好きなんですがね。

そんなこともあろうかと平日に桜を撮影してまいりました。

東京に戻ってきてから一発目のライドはホームコースの荒川CR!

まぁ荒川CRに向かう前に食べたパスタをブログにうpして飯テロでジャブ。

鮭マヨパスタでございます。

f:id:GaloisZerosiki:20170410012200j:plain

 

昼食食べてハンガーノック対策も万全にして荒川CRに出発。

 

荒川CRに到着して早速菜の花が出迎えてくれた。

f:id:GaloisZerosiki:20170410013613j:plain

暫く流すと旧岩淵水門があるのだが、そのあたりに桜並木があったり撮影スポットがある。

上野公園だと人込みが凄すぎて萎えるが旧岩淵水門あたりは空いてるので愛車との撮影にもってこい。

f:id:GaloisZerosiki:20170410014946j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410014419j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410015420j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410020433j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410020851j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410021555j:plain

 

旧岩淵水門を北上して暫く走り、秋ヶ瀬橋を渡って北上すると秋ヶ瀬公園がある。

ここも公園内に桜が咲いてておすすめ。

f:id:GaloisZerosiki:20170410023609j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410023307j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410023355j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410023419j:plain

 

 秋ヶ瀬公園をすぎ、北上を続けると緑の回廊。

f:id:GaloisZerosiki:20170410023452j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410023526j:plain

今回はこの辺りで引き返した。

撮影のネタはこんなもんだろうなと思いながら荒川CRを流してると、旧岩淵水門がまさかのライトアップ。

深夜走ることはあったが20時頃走ることはなかったのでちょっと新鮮。

f:id:GaloisZerosiki:20170410025306j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410025333j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170410025404j:plain

ホームコースの知らない一面を垣間見れた良いライドでした。

食い倒れの街で立ち飲みしてきました

どうも、ガロア零式です。

折角大阪に帰省したので立ち飲みも撮影する事にしました。

立ち飲みは師匠と行って参りました。

 

場所は難波。

美園ユニバース

 

 

 

 

f:id:GaloisZerosiki:20170303135646g:plain

 

 

 

 

f:id:GaloisZerosiki:20170409040057j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409040256j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409040156j:plain

しょっぱなからディープな雰囲気の店が連なってる場所。

やっぱり師匠は飲みの引き出しがパネェッス!

 

f:id:GaloisZerosiki:20170409041244j:plain

 提灯に書いてる字が大阪感出てる。

f:id:GaloisZerosiki:20170409041434j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409041825j:plain

一件目にてルービーとおつまみ。(店舗名忘れました。てへぺろ(・ω<))

f:id:GaloisZerosiki:20170409041912j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409042040j:plain

2件目はスタンドあじと。

洒落た時計があったので撮影。

f:id:GaloisZerosiki:20170409043344j:plain

店内は他の客もいるので店のホームページ画像を拝借。

 

f:id:GaloisZerosiki:20170409043759j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409043814j:plain

http://www.dining-ajito.com/stand-ajito/

 洒落てる店。

こういう店好きやわ。

f:id:GaloisZerosiki:20170409044052j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409044155j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409044254j:plain

味もレベル高い。

今回食べた中だとシシャモの燻製が一番好き。

リピしたいが、大阪遠いわ。

 2件目を出て道頓堀へ歩いていく。

f:id:GaloisZerosiki:20170409044921j:plain

 夜だからブレてるかなーとか思ってたが、割とブレずに撮れてる。さすがAuto。

f:id:GaloisZerosiki:20170409045215j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409045309j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409045532j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409045639j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409045755j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409050138j:plain

師匠に撮ってもらいました。

f:id:GaloisZerosiki:20170409050714j:plain

 

f:id:GaloisZerosiki:20170409050850j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409051319j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409051737j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409051848j:plain

f:id:GaloisZerosiki:20170409052009j:plain

最後は〆のラーメン。

ここも当たりでした。(名前わすry)

大阪写真撮影楽しみつつ立ち飲みが楽しかったです。